♪スポンサーサイト♪

一定期間更新がないため広告を表示しています

♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪『m−CABI』♪
おもしろい構成になっちょりますよねぇ。
LIVEのセットリストで、そのまま使えそうな感じ。

ガラッと雰囲気が変わって、大人な匂いのするイイ感じに仕上がってますねぇ。
『天気職人』が登場したり、『グラヴィティ』の終わりと『NaNaNa ウィンタ−ガ−ル』の頭が繋がっちょったり。
「なかなか凝ってるなぁ。」って思いながら聴いてます。

全曲、好きですよ。
どれも自信作ってことが、伝わってくるような。
んじゃけど、その中でも個人的に好きなのを挙げるンなら、
『Bull Sky』『月明かりのシルビア』『横浜リリ−』『ライン』ですかねぇ。
『ブルスカ』はね最初のギタ−からやられちゃうんですよ。
このギタ−・コ−ドって、どがぁになっちょるんじゃろう?って思いながら、手で真似てみるんじゃけどね。
細かい動きがあって、リズムを失うと手が動かんようになっちゃう。(ウチは素人じゃけぇ;;)
歌詞で言うたら、元気が貰えるかな。
前向きに行きましょうよ。って自分で言える。この曲聴くとね。
応援歌になりますよ。

『月明かりのシルビア』はねぇ、野崎ブラザ−ズが手掛けちょるよのぉ。
最初、どがくぁな風にアレンジされるんじゃろう?
相当なロックになるんじゃろか??
スピ−カ−が割れる?ってイメ−ジしちょったんじゃが、いざ、聴いてみたら全然、違和感もなく心地良く耳に入ってきて。
「合ってるじゃん。」(←合うようにしちょるんじゃけぇ、当然なんじゃけどね;)
って思いましたよ。
かっこえ〜!

『横浜リリ−』はね、まず曲だけで泣けてしまう。
ベビ−シタ−ルを使いよるんじゃろか?
その音が港町・横浜を、ちゃんと連想させてくれてる。
問題は歌詞ですよ。
この歌詞、胸を打ちます。
切ない気持ちになりますね。
「遠い街に行ったリリ−は元気に過ごしちょるんじゃろうか?」

『ライン』は泣けますね。
間奏の部分のギタ−音。
あの弦をピックで滑らせる音。が余計に涙を誘うというか。
歌詞に関しては切ないというか、やり切れないというか。
一線を越えられない疎ましさ。
彼の気持ちを思うと、心が痛くなってきます。

ってな感じで、「とりあえず強いて言うならこの曲が好き」なので、感想を書いてみました。
全ての曲が好きじゃし、それぞれにイイ味を出しちょる、ってことを最後に書いて終わらせて頂きます。

ポルノ関連
Comments#0 / Trackbacks#0
♪スポンサーサイト♪
♪ - ♪
Comments#0 / Trackbacks#0
♪ Comments ♪
♪CommentForm♪










♪TrackbackURL♪
http://haruicchi.jugem.jp/trackback/346
 公序良俗に反するトラバは絶対禁止です!
♪Trackbacks♪
InternetExplorer Only